食材宅配サービス(野菜など)各宅配業者を徹底比較!メリット・デメリットなど口コミや経験をもとに紹介します!違いがまるわかり。各ご家庭に合った食材宅配が、見つけられます。食品の安全性・価格帯・利用特典も見てください。

子供保障について詳しく知りたい方

子供保障の必要性

都道府県の制度で「乳幼児医療制度」「子供医療助成制度」(略 マル乳、マルコ)があり医療費がかからないので子供には保険がいらないという声が非常に多くあります。確かに助かる制度だと思いますし、医療保険はいらないと思って当然です。ですが、考え方を変えると問題点がいくつか出てきます。

助成制度ですべて免除?入院してもお金は何もかからない?

入院すると、保険対象の医療費は免除になりますがその他は全額実費負担になります。例えば、大部屋以外は部屋代が請求の対象になります。

また、入院に伴っての雑費は自己負担になります。

雑費参考データ

食事・衣類・タオル・洗面用具・テレビ代(カード購入形式が多い)

また、子供に付き添いで入院するケースが注意が必要です。(付き添い入院は全額自己負担)母親が仕事があれば休まなくてはいけないので収入減にも繋がります。

子供が保障に加入する時期

一番多いのは0歳です。最近の保障では「学資保険」は生まれる前に入ることも可能になっています。次に多いのは入園時、入学時に入られるケースが多いです。

生まれてすぐに入る理由があります。最も心配なのは、

 

先天性の病気です。生まれて健康だったはずが急に・・・

 

なんて怖い話を聞いたことがあると思います。そうなってしまうと今後保険に入りたくても入れない・・・もしかしたらずっと入れないかもしれません。私のママ友の子供も「ぜんそくがひどく保険に入れない」と嘆いていました。自分の子供が大人になった時、もしくは結婚するときに「保障が何もない」だと心配ですよね?1つでも保障に入っておくことが今後の宝になるかもしれません。

子供の保険に入る余裕はない方に

「保険代で家計は苦しい」「子供の保険まで入る余裕はない」と思いっているご家庭は多くいらっしゃると思います。ただ無保証ですと今後掛け金より多くの支払いが立て続けに起こる可能があるので注意が必要です。本来、保険や共済は「お金はたくさんある家庭にはあまり必要がない」と私は思っています。「がん治療」や「先進医療」を受けて多くても数1,000万~3,000万ほどです。それくらいのお金なら問題ない家庭は保険はいらないのかと・・・逆に数10万位でもすぐに出すことが出来ないが家庭の方が保険は必要と考えています。

とは言っても、掛け金の問題ですよね?わかります。切実な問題ですよね?

ここでお勧めなのが「コープ共済」の「J1000コース」になります。毎月の掛け金はなんと1,000円です。1日あたり約33円ですよ?安いですよね?

また割戻金と言って掛け金の一部が戻っくるシステムがあります。ただ年間でその割合は違います

私の記憶では10~18%前後は戻ってきています。実質掛け金1,000円を切ると言う事になります。お得ですよね?

共済は安い掛け金で最低限の保障があるのが特徴なので、「少しでも安い掛け金で保険に入りたい」と思っているご家庭には向いています。

保障内容の一部を紹介

J1000円の重要な一部を解説します。加入時には健康状態の確認が必要です。

1,入院保障日額6,000円(1日目から360日保障)です

⇒大人の方で入院すると一日かかる費用が約15,000円と言われています。子供の場合何かしらの助成制度があると過程すると持ち出し金額が1日5,000円くらいになります。なので6,000円で十分かと思います。

2,ケガ通院2,000円です

⇒ケガ通院の場合子供の場合、助成制度があれば特に持ち出し費用がかかりません。例えば骨折をすると松葉杖になり貸出になるので別料金になります。あとは、病院までの交通費くらいです。ただ子供の場合だと「擦り傷」「捻挫」「打撲」やけど」「害虫に刺された」など軽度のケガでも支払対象になるケースが多いです。私の子供も何度か使わせてもらっています。「1回目はやけど」「2回目は打撲」です。実際病院ではお金が何もかからなかったのですが、申請できました。儲かってしまった感覚でした。(笑)

3,賠償責任特約です

⇒これは「たすけあい」全コースに対応しています。月170で家族全員保障最高額は1億円まで補償です。難しいですが「※示談交渉サービス」がついています。「物を壊してしまった」「誰かを傷つけてしまった」などに支払されます。最近自転車での賠償責任問題で数千万の賠償金が発生しています。この特約が欲しくて「たすけあい」に加入する方も多くいらっしゃいます

※示談交渉サービス 誰かとトラブルになっていくらの賠償責任が生じるのか判断するときは弁護士が必要です。その仲介役になってくれるサービスが示談交渉サービスです。このサービスがついていないと別で弁護士に頼んだりしなければなりません。費用は内容によって異なりますが数十万位はかかるでしょう。

4,継続期間は85歳までです

⇒J1000円の満期は19歳になりますがその後に大人のコースに健康状態の確認なしで継続することができます。ですので一度重い病気がかかっても継続することができます。大人のコースも1,000円から4,000円まであります。

 

 まとめ

安く保障を持ちたいと言う方には最適な補償だと言えるでしょう。私も子供も加入しているのでお勧めできます。私が一番伝えたい事は

「子供に一つでも、安くてもいいので長く続けられる保障を持ってもらいたい!」

です。保険や共済は使わないのが一番ですが、いざと言う時には頼りになります。そして、収入と出費のバランスも必要なのでお手軽な「コープ共済」は私は好きです。どの生協でも取り扱いがあるので宅配の利用検討されている方や共済の検討されている方は下のお問い合わせホームから資料請求できるので検討下さい。資料請求前に知りたい事があればお問い合わせホームからご質問ください。

※実際の経験談やコープの職員さんからの情報・パンフレットなどからの情報になります

資料請求・お問い合わせ

コープデリ・おうちコープの公式ページ
⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩



パルシステムの公式ホームページ
⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩



生活クラブの公式ホームページ
⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩


関連性のある記事

コープデリ詳細

おうちコープ詳細

パルシステム詳細

生活クラブ詳細

PAGETOP
Copyright © 食材宅配サービス 比較 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.