こんにちは!管理人のnanaです。いつもブログを見ていただきありがとうございます。連休は台風でしょうか‥‥。また大型みたいなんで皆さんも注意してくださいね。今日は先日見た『餃子の王将』のニュースについて書いていきたいと思います。

 

餃子の王将 国産化

 

皆さんもよく知っている餃子の王将。一度は食べたことあるのではないでしょうか?この餃子の王将が先日発表したのが『餃子の主要食材と麺用の小麦粉を国産にした」ということでした。

 

これまで、餃子では豚肉、キャベツ、ニラ、ニンニクは国内産を使っていましたが、皮などは輸入の小麦粉を使っていたほか、ショウガはインドネシア産などを使っていたみたいです。今回、小麦粉、ショウガも国産に切り替えを実施して、コショウなどの一部調味料は外国産は使用しますが、餃子についてはほぼ国産材料となるみたいです。

 

餃子の王将のニュースを見て

 

当然、国産の食材を使うので値段は高くなり、餃子を税抜き価格で20円値上げしていて、国産化で食の安全面を強化して、価値も引き上げていく戦略を取るそうです。

 

この背景にはやはり7月に中国で起きた期限切れ鶏肉使用問題があります。食の安全に対する消費者の関心が高まっていることに対応したのでしょう。

 

安いものは必ずと言っていいほど外国産(特に中国)を使用していたり、生産ルートは曖昧なものばかりです。今回の餃子の王将の発表も多少値段が高くてもやはり安全で安心な食材を手に入れたいという方が増えて来ている証拠だと思います。

 

こちらのサイトで紹介させてもらっている食材宅配サービス業者は安全面ではトップクラスの業者ばかりなので参考にしてください!

 

あっ!餃子で思い出しましたが、生協にも『大阪王将の餃子』と取り扱いがあります。餃子の王将とは別の会社になりますが、元は同じ会社で昭和44年に分岐したそうです。大阪王将の餃子はお取り寄せでも大人気な商品です。冷凍餃子なのでストックOKでおかずに困ったときに活躍してくれます!

 

餃子の王将のニュースを見て

 

しかも生協で取り扱う大阪王将の餃子は生協仕様で普通に売っている大阪王将の餃子とは企画が違います。餃子の皮に使われる小麦は国産(北海道産)の物を使用していて、中の野菜なども愛知や群馬(季節により産地は変わる)などのものを使用し一貫して国産品にこだわりを持っています!不必要な添加物などは使っていないので安心できる商品です。

 

一般で売られている大阪王将の餃子は外国産なの?と思う方がいるかもしれません。私も思いました。。しかし生協でしか買ったことがない私にはそこはわかりません(汗)すいません。

 

生協では子供も食べやすいようにタレとラー油は別になっていて、お店で売られている大阪王将の餃子より一回り小さくなっているのも嬉しいところです!今回、餃子の王将が国産化を発表しましたが、その前から生協ではすでに国産にこだわりをもった商品を扱っています。

 

生協は一般商品と一緒と思っている方もいると思いますが、生協仕様の商品が多いのです。これからも、安全で安心な食材への需要は高まって行くと思います。今後も安全な商品を紹介していきますのでよろしくお願いします!

関連性のある記事

コープデリ・おうちコープ商品ブログ

パルシステム商品ブログ

コープデリ知りたい情報 まとめ

おうちコープ知りたい情報 まとめ

パルシステム知りたい情報 まとめ

 

ブログランキング

いつもブログを読んでいただきありがとうございます!

人気ブログランキングの登録をしています。

良かったら下のバナーをポチッとクリックしてください!応援したことになります!

これからも頑張りますのでよろしくお願いします!

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩


食材・食品 ブログランキングへ